CSSって何?

CSSをわかりやすく例えると

ホームページやブログを作るときに、必ず登場するCSSという横文字。みなさんはこの意味をご存知ですか?
ウェブページのレイアウトやデザインについての情報が書いてあるスタイルシートの一種なんです。昔は、ウェブページといえばすべてがHTMLを用いて記述されていましたよね。デザインやレイアウトについては、HTMLから切り離して、CSSを使ったほうが便利なことが多いので、今ではほとんどのウェブページでCSSが使われているんですね。
HTMLとCSSの関係を例えるなら、頭や手、足といった人間の体がHTMLで、人間が着ている洋服がCSSということになるでしょうか。CSSをちょっといじるだけで、ホームページの色や配置などを着せ替え人形感覚で操作できるようになります。

CSSの歴史について学ぼう

CSSは、国際的な標準化団体であるW3C(ダブリュースリーシー)によって、提唱された企画です。その歴史は古く、1996年12月に、現在のCSSの雛形とも呼ぶことができるCSSレベル1が発表されました。残念ながら、CSSが誕生してから、すぐに世界中に広まるということにはならなかったんです。
少しずつ小さな改良を加えることによって、その完成度が増していき、世界中のウェブデザイナーに指示される規格となっていきました。徐々にCSSをサポートするブラウザが増えていき、いつの間にかウェブ制作における世界標準(デファクト・スタンダード)の地位を獲得していったんですね。
今では、初心者でも努力すれば、CSSを習得できる環境が整っています。CSSを使いこなして、かっこいいウェブページを作ってみてはいかがですか?