CSSのメリットは?

CSSが役立つ場面はどんなとき

HTMLだけで文章の修飾などを行うとき、多くはfontタグのオプションで使用フォントや文字の大きさ、色を決定していくかと思います。
そのとき、見出しの文字サイズ、本文の文字サイズなどを決めてから作成していくことになりますが、完成後にできたページを見て文字サイズをもうちょっと調整したいなんて感じたらどうしますか。
エディタで全てのfontタグを検索していちいち調整するなんて気の遠くなる作業をする気にはとてもなりません。
そんなときこそCSSです。CSSはカスケーディングスタイルシートの略で、HTMLだけではできない機能を提供してくれる仕組みです。
その機能の中に独自スタイルの定義による一括の修飾処理があります。

CSSで修飾の定義を一元管理

CSSを使用する場合は、HTMLファイルの先頭部分で見出しや本文のフォントやサイズ、色を定義して名前(これをIDといいます)を決めておきます。
そしてHTMLを書くときはfontタグにオプションをつけずに見出し、本文どちらかに応じたIDを指定していきます。
こうして完成したHTMLの見出し、本文の修飾を変更したくなった場合は先頭で定義したCSS部分を修正するだけでページ内のIDを振った見出し、本文の装飾に一括で反映されてくれるのです。
CSSのメリットはこれだけではありません。CSSは外部ファイルとして作成し、複数のHTMLファイルで読み込ませることができるので、複数のHTMLファイルの装飾全てを一元管理することが可能なのです。
CSSはHTMLの全ての機能を補うだけでなく、HTMLだけではできない機能も持っているため、覚えておいて損はありません。