CSSで何ができるの?

HTMLを装飾するするのが一般的です

HTMLとはwebページを構成する言語ですが、それだけだと無理があります。そこでCSSを使い構築していく必要があります。具体的には、色やサイズ、デザインなどになります。
CSSは見栄えも良くするために使うのが一般的な考え方になります。例えば記事の見出しなどですね。見出しをただの大文字にするだけでは、素人臭さが出てしまいますからね。
CSSを駆使すると、検索エンジンに見つけてもらい易いとも言われています。要するに良質なサイトと判断してもらえるわけですね。訪問者にも見易く装飾されているので評価の対象になるのも頷けますよね。CSSをマスターすれば思い通りのデザインで自身のブログやネットショップが作れるのが最大の魅力と言えます。

仕事としても役に立ちます

webデザイナーという職業をご存知でしょうか?ブログや会社のホームページを作成するお仕事です。今はやりの在宅ワーカーの中でも人気のある職業の一つです。CSSを完璧にマスターしていると、クライアントの要望に見合った仕事が出来ますので収入も大きく見込める魅力の職業です。稼ぐ人は年収1000万円近くあるとか…。
CSSをマスターするのにはとにかく経験を積むのが近道です。自分でブログを始めるのであれば、既存のテンプレートをとにかくいじってみましょう。言語を覚える事を優先させて、頭の中でイメージする事が出来る様になれば一人前と言えます。そして自分のCSSのスキルをサイトでアピールして仕事を受けるようにすれば、それだけで食べていく事も夢じゃないですよ。